【シリーズ】つどう(第8回)/東建月報2006年8月号掲載

陸の孤島から、人気の街に一変


▲たぬき煎餅


▲豆源


▲浪速屋

麻布十番がにぎわっている。地下鉄が開通したから。すぐ近くに六本木ヒルズができたから。さまざまな要因で、この町を訪ねる人の数は劇的に増えている。加えて、毎年8月の麻布十番納涼まつりはすごい混雑ぶり。それも年々信じられないほど人出が増え、祭りの規模も大きくなっている。
一昔前に比べればたいへんメジャーになったとはいえ、六本木でもなく、赤坂でもなく、小粋な感じのする都会の隠れ家といった雰囲気が麻布十番の土地柄には漂っている。それがこの町の人気の秘密だろう。

麻布十番の十番とは何なのか。地名の由来を調べると、江戸時代に幕府が付近の古川の改修工事をした時に第十番目の工区だったからという由来があげられている。このほかにも、十番馬場と呼ばれた馬場があったためという説もある。
港区の地図を見ると麻布台、西麻布、東麻布、南麻布、元麻布など、麻布とつく地名が軒並み並んでいる。もともと港区は麻布区、赤坂区、芝区が併合されてできた区。麻布区には、さまざまな「麻布」があって当然なわけだが、そのなかで地下鉄の駅名になっている地名は麻布十番だけ。この麻布十番駅も、2000年に地下鉄南北線と都営大江戸線が開通してできたもの。それまでこの町には六本木か広尾から延々と歩いてくるか、都営バスに乗ってくるしかなかった。

麻布と言うと山の手のイメージが強い。しかし、町を歩いてみると麻布には山の手と下町が入り混じっていることがよくわかる。お屋敷の並ぶ高台から坂を下ると、小さな家々や親しみやすいお店が並ぶ町並み。麻布十番は、そんな山の手のなかの下町なのだ。

商店街を歩くと、おしゃれなイタリアンや和食の店、ネイルサロンや犬のマッサージの店など、いわゆる港区らしい店もずいぶん増えたが、この町の老舗である伝統的な店にも人は集まっている。「たぬき煎餅」、「豆源」、たい焼きの「浪花屋」のおやつショップ御三家。やきとんの「あべちゃん」、宴会場もある「麻布十番温泉」、そばの「永坂更科」「更科堀井」などは昔から続くこの町の有名店だ。商店街は明治大正期からにぎやかだった。戦前戦後も雑色通りのあたりに三業地があり、繁盛していたという。
第二次世界大戦の空襲で、一帯は全焼したが、戦後、逸早く復興した。戦後も映画館が四館もあって、寄席も営業していたが、それが今はピーコックストアなどに変わったのも時代の流れだ。



麻布十番納涼まつりが国際的な理由




▲麻布十番納涼まつり

この商店街で毎年8月の第3週目の金土日の3日間開かれる麻布十番納涼まつりは、昭和41年から開催されていて、今年で第41回目。
この祭りの特徴は、とにかく屋台がたくさん出ること。それも食べ物の屋台が多い。麻布、六本木付近の各国大使館の料理の屋台。十番商店街の飲食店の屋台。そのほか骨董市、日本全国の物産展など、さまざまな店が商店街の路上に並んでたいへんにぎやかだ。

最近は麻布十番納涼まつりと同日に、六本木ヒルズの夏祭りが開催されている。こちらは六本木ヒルズアリーナでやぐらを組んで、「六本人音頭」に合わせての盆踊りが中心となるお祭り。英文表記では、ROPPONGI HILLS BON DANCEとなっていて、やはり麻布、六本木の祭りは国際的な感じだ。
港区には、東京にある大使館の約半数の68カ国の大使館があるなか、麻布十番商店街付近の麻布十番、元麻布、南麻布界隈にある大使館はオーストリア、シンガポール、韓国、中国など。大小取り混ぜて洋の東西の大使館が密集し、それらの関係者も多い。加えて港区は外資系企業に勤める外国人が多く住み、それも国際的な要因になっている。そして彼らが働いているのも、麻布十番付近の六本木ヒルズやアークヒルズ、泉ガーデンや城山ヒルズなど再開発のビルだ。
地元の氏神さまのお祭りに参加して御神輿をかつぐように、麻布十番の祭りの屋台めぐりを楽しんでいる外国人たちの存在がこの祭りを盛り上げている。

港区の外国人居住者の数は、なんと区の人口の10パーセント近くにもなるという。それもほとんどが欧米人だ。これはここ数年増え続けている。
港区内でも、特に六本木、元麻布、麻布台などの町内は外国人率が20パーセントを超える。5人に1人は外国人というわけで、これはニューヨーク並みということ。
彼らが港区に住む理由は、仕事場が近いから、外国人向け住居が多くあるから、スーパーマーケットやスポーツジム、子どもの学校などの施設が周辺に充実しているからなどの理由があるようだ。単身ではなく、家族で滞在する外国人にとっても暮らしやすい条件が揃っていることが、港区の外国人率をますます高くしている。
国籍別ではアメリカ人がもっとも多く、ついで中国、オーストラリア、イギリス、フィリピンの順だ。



インターナショナルな大使館の町


▲スロヴァキア大使館


▲アルゼンチン大使館

麻布十番地区には、付近の外資系企業だけでなく、これらの大使館に勤める人々、大使館の近くに住むその国出身の滞在者などが自然と集まっている。異国において同じ国の人間同士が助け合って暮らすコミュニティが、この麻布地区には複層的に生まれているわけだ。
古くからあるもののほかに、最近の新顔大使館もいくつかあって、スロヴァキア大使館のようにチェコとスロヴァキアの分離により広尾から移転してきたもの、六本木ヒルズの開発のため六本木六丁目から移転してきたアルゼンチン大使館などがそうだ。大使館の場所は設立されてから恒久と思いがちだが、案外転々としているものなのだ。また、移転や老朽化などにより、建物の改築、建て替えをしている大使館も多い。ドイツやオーストリア大使館の建物は近年建て替えられている。

港区に大使館が多い理由は、幕末の開国期、日本にやってきた外国人の滞在のために大きな寺院が用いられることが多かったが、それらが数多く港区内に立地していたからだ。元麻布の善福寺は最初のアメリカ公使館であるし、そのほかにもイギリス、プロシア、フランス、ポルトガル、オランダ、スイスなどの外交代表団の宿泊所や公使館に用いられた寺が点在している。江戸の頃からこのあたりが国際的になる素地はあったわけだ。

大使館というと、広い敷地に立派で風格のある建物や庭園、公邸を持つというイメージだが、港区あたりの大使館にはビルの中に入っているところや、ちょっとした外国人住宅やオフィスのような構えのところもある。
一方で、ミカエル・グラニット設計の造形的なフィンランド大使館、「さすが!」と思わせる美しい庭と公邸を大使館内に備えたフランス大使館など、厳重なセキュリティにもめげず、塀の外側からの大使館建築散歩をするのも麻布地区の町歩きの楽しみ方でもある。
このあたりには、中国大使館御用達という中国料理店。韓国大使館近くには、都内でも有名な韓国料理店が何店も集まるなど、新宿・大久保付近とは一味違った国際的グルメタウンが広がっている。麻布十番納涼まつりでは、それらがよりどりみどり屋台で楽しめるわけだ。



最近の麻布十番、さらなる国際化


▲麻布十番から六本木ヒルズを望む

再開発が続く麻布六本木地区。六本木ヒルズや、サムスン本社が入っているオフィスビル・ティーキューブには、長期滞在者向けのサービスアパートメントが作られた。月額50万円ほどからの家賃でホテル並みのサービスが受けられ、外資系企業の駐在者を中心に利用されている。シティホテルなどよりも経済的で、設備も外国人のライフスタイルに合わせてあり、彼らのオフィスからも交通至便なロケーションに位置している。港区内では、愛宕グリーンヒルズ、赤坂のプルデンシャルタワーなどにも、大規模なサービスアパートメントが作られている。こんなにたくさんあって供給過多にならないのかと思うが、外資系証券会社のアナリストをやっている人などに聞くと、まだまだ需要はあるのだそうだ。それだけ海外からのビジネス需要が東京にはあるということ。

麻布十番の商店街にも、数年前サービスアパートメントができた。庶民的な通りに面してこの種のアパートができたことは、この商店街の親しみやすい国際性を表わしているようだ。
一方、この周辺には外国人滞在者の多いシティホテルも数多くある。ホテルオークラ、全日空ホテルのほか、グランドハイアット、近い将来には防衛庁跡地の再開発でリッツカールトンホテルもできて、ますます内外の人の行き来はさかんになりそうだ。

六本木ヒルズ、城山ヒルズなどのオフィスに勤める日本人の友人に聞くと、麻布十番納涼まつりは会社に入社した当時から毎年のように同僚たちと行っている親しみ深いお祭りだという。外資系の会社に勤める人は当然外国人の同僚たちと一緒に行くということ。最近は地下鉄開通などのために人出があまりにも増えて、歩けないほどの人ごみで、食傷気味なほどらしい。 地元に住む人だけではなく、在勤者も楽しみにしている、そして日本人も外国人もという点で、東京の真ん中にこんな新しいタイプのつどいの場が生まれているのはおもしろい現象だ。


東建月報インデックスへ
東建ホームページへ